長距離走者のひとりごと

DCT−65190が鉄道趣味とマラソンと京都サンガ、そして日頃思った事を書き込んでいます。
(容量の関係で、アップ後1年前後を経過した日記の画像は削除している場合があります)
はじめてのマラソン大会(鈴鹿シティマラソン)レース編


前回の続き。
まわりにつられるように私とわが子のマラソン大会がスタート。
最初こそ快調に走り出しましたが、
さすがに上りが続く第2コーナー過ぎからは走ったり歩いたりの繰り返し。
その後も続く急な坂では歩く頻度が多くなりしまいには立ち止まるように。
でも仕方ない。鈴鹿の坂は尋常じゃないし7歳にはキツイ。
それよりもおんぶや抱っこ、肩車をせがまないことばかり考えてました。
実際にそんな親子を多く見かけたし。


なんとか上り一辺倒なS字カーブとダンロップコーナーを通過し、コースをショートカットして下りの最終コーナーへ。


わが子は最後の力を振り絞って(途中歩いたけど)ピットロードに設けられたゴールへ。
最後にゆるキャラ(すずか茶ん)の猛追を受けながらも(笑)ゴール。
タイムですが20分30秒くらい。
でもいいんです。
大した泣き言も言わず、自分の力で走ったから。
まずは走ることの楽しさを体感してもらうのが先。
競争やタイムを気にするのはその後。
わが子は楽しんでいたように見えたし「また走りたい!」とも。
とりあえず現時点では走ることに対して嫌いではないように思えました。

次回はアフター編。
| DCT−65190 | - | 12:55 | comments(0) | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE